名刺交換が上手くいくと今後につながります。 マナーを学んで仕事に活かしましょう。

チャンスを手にする事の出来る名刺交換をしましょう

大量の名刺、保管方法はどうしていますか

何十年も働いていると、名刺が大量になってしまいます。
管理方法は様々ですが、一番は自分や他の人にも名刺の人がどんな人か、わかりやすく説明出来る様にしておく事だと思います。

名刺をもらったその日に、日付や特徴などを軽く記入しておくと良いと思います。
管理を上手にしておくと、次に連絡を取りたい時に話しやすく自分も緊張しないで済むので便利です。

アルバムの様にファイルに入れて名刺をしまっておくのも見やすくて良いですが、データとして残しておくのも使いやすいと思います。
また、しまっておく順番としては五十音順や会社ごとに固めるなど色々工夫をすると、より見やすく便利だと感じます。

大量にあると、前に頂いた名刺はどうしたらいいのか迷うと思いますがもらった日の日付を書いておくと、その後十年以上一度も連絡をしたことのない名刺は処分してもいいと思います。

名刺の歴史を知ると大事にしたくなります

名刺と聞くと、小さな正方形の紙が頭の中に浮かんできます。
この名刺はいつ頃から人に渡す様になったのかとても疑問に感じてしまいます。

中国で物を交換する際に、自分の名前などを記入した木の板が始まりと言われています。
紙の文化がまだない時代は、日本でも確かに木の板に何か書いていましたね。
名前を記入したものを使っていたと言う中国の文化にも少し驚きます。

実は日本で名刺に似たものを使うようになったのは、江戸時代とされています。
今の様に会社の取引などで使われていた訳ではないとは思いますが、段々と日本が商業に力を入れてきた時代と重なるのではないでしょうか。

人に挨拶をする際に、名前が記入されている名刺を初めてもらったとき、どんなに凄い衝撃を受けたかと思うと感慨深いです。
名刺にも歴史があり、ビジネスの発展にもつながっていったのだと思うと名刺も大切にしなくてはいけないなと感じます。



ページ
先頭へ