名刺交換が上手くいくと今後につながります。 マナーを学んで仕事に活かしましょう。

もらった名刺は会社全体で共用しておくと便利です

会社全体で共用しておくと便利な名刺

もらった名刺は皆さんでしたらどうしていますか。
名刺を入れておけるファイルなどを使って、急いでいる時でも直ぐに見られる様にしておくと良いです。

いつ、どこで、どんな人に頂いた名刺なのかを簡単に書いておくと管理する際に顔や特徴を思い出す事が出来ます。
ずっと記憶していればいいのですが、人間の記憶は大量の名刺を覚えておけるほど便利ではありません。

なので、最近では会社内の全員で共用出来るシステムを導入している会社が増えています。
これはとても便利なシステムで、一人がもらった名刺を皆で確認することで仕事を円滑に進める事が可能になります。

この人、前に名刺もらっていた様な気がするとかこの会社に連絡したいなと思った時には、名刺を管理してくれているシステムは本当に便利です。
相手の方にも、迷惑をかけないのでいい関係づくりが出来ます。

名刺交換の重要性について考えました

名刺の重要性について考えると、皆さんそれぞれの意見があると思います。
そんなに必要ではない、絶対に必要だ、どちらも正しいです。
名刺に関しては持っている人がどう使うかでその価値が決まります。

でも、持っていないと少し心配になります。
例えば相手に出されたとき、渡す名刺がないのもマイナスに見られるからです。
私の考える名刺の重要性は自己紹介の一部であるという所です。

どうしても相手の人に、名前や会社名などを覚えてもらいたいと強く思える人には絶対に名刺を渡します。
人の印象に残る為には、後で見返してもらえる名刺は今すぐ役に立たなくてもいつか仕事で連絡がくる可能性があるので渡して損はないでしょう。

仕事する上で、名刺交換は重要な行動に感じます。
相手のことをいち早く知ることが出来るのと同様に、自分の事も知ってもらえるチャンスだと思います。



ページ
先頭へ