名刺交換が上手くいくと今後につながります。 マナーを学んで仕事に活かしましょう。

名刺交換について、どのくらいの知識があるのか

名刺を交換する為のマナーを知ろう

名刺は持っていても実際は正しく使えているのか全くわかりません。
ただ、会社や自分のことを知ってもらう上で大切なものだという気持ちはあります。
一度会った人のことを忘れないでいられる人は意外と少ないと思います。

ましてや、毎日会う人でなければ何日後かに忘れてしまうのは仕方のない事です。
だからこそ名刺交換は必要なのです。
言葉を交わすだけではなく、自分のことを知ってもらう為の自己紹介の第一歩になります。

では、名刺交換のマナーとは一体何でしょうか調べてみました。
意外と迷うのは渡す時ではないでしょうか。

スムーズに相手の前に名刺を出し一言、自分と会社の名前は口に出して受け取ってもらえる様にしましょう。
名刺は両手で持つこと、相手も同時に出してくる場合があるのでその時は受け取る際に相手の名刺が隠れない様に持たなくてはいけません。

名刺交換をする時の姿勢について

名刺を渡す際には、名前会社名は絶対に口にしなくてはいけません。
何も言わないで渡すのは失礼になるので気をつけましょう。
なるべく、自分の方から進んで名刺を渡すのがベストです。

調べてみると名刺交換一つで色々なルールがあるみたいです。
名刺を多く使う人は、きちんと学んでからの方が会社の利益につながります。

どうして名刺は必要なのかと疑問に思う人もいると思いますが、持っていた方が忙しい時などに簡単に自己紹介ができて便利です。
なるべくならば先に、名刺を出す方が相手を目上に人に思っていると言う行動になるのですが、相手もそう思っていると同じタイミングになってしまう場合が多いです。

同時に名刺を出すと、何となくどうしていいのかわからなくなりそうです。
大切なのは、渡す際に偉そうにするのではなくきちんと低姿勢で相手に顔をみて渡すと良いと思います。



ページ
先頭へ