チャンスを逃さないための名刺交換マナー

名刺交換が上手くいくと今後につながります。 マナーを学んで仕事に活かしましょう。

名刺を交換する際のマナーについて勉強しておきましょう

仕事の内容によっては、名刺は重要なアイテムになります。
会社に勤めている人や他の会社とのやり取りが多い部署に所属していると、名刺は必要になってきます。

実際、手元に名刺をもらっても相手に出すタイミングなども悩みます。
それに全員が持っている訳ではないので名刺を渡した所で気を使われるのも嫌だしなと感じてしまいます。

しかし、名刺は仕事をするうえでとても大切なものです。
相手に失礼のないように名刺をスムーズに渡す方法や、逆にもらい方など名刺交換にもマナーがありそうです。
また、名刺を渡された後の保管の方法はどうすればいいのでしょうか。
人によっては大量になっている事もあるのではないでしょうか。

最近は、名刺交換をした人と会社全体で共用出来ると言う便利なシステムなども開発されているので、それについても調べてみたいなと思います。

名刺交換、皆さんはどうしていますか。
マナーについて全く無関心だったので、出されれば渡す、初めての人には挨拶代わりに
渡すしか考えていませんでした。
丁寧な名刺の渡し方があるのであれば、今後はそれを気にかけてやっていきたいです。

それでは、名刺交換の歴史について考えてみようと思います。
一体いつの頃から名刺を交換するという習慣が生まれたのでしょうか。

調べていくと驚きです、実は日本がスタートではなく中国が始まりでした。
しかも、昔は紙などがない時代だったので木を使って名刺交換をしていたそうです。
名刺と言うよりも何か要件が書かれているものに名前を書いて渡す為のものだったみたいです。

その後、直ぐに日本に名刺がきたのかなと思いきや、実はそうではなくヨーロッパの方で名刺は流行りだしました。
日本での名刺の始まりは江戸時代と考えられています。

普段、何気なく渡している名刺には実は深い歴史があったことを知るともっと大切にしなくてはいけないなと感じました。


ページ
先頭へ